健康経営 みんなの健康

健康経営イメージ画像1

健康経営とは

健康経営は、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実践する手法です

健康経営イメージ画像2

「健康経営」って?

健康経営とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

※健康経営®は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

健康経営優良法人の認定により社会的な評価が受けられます

「健康経営優良法人」

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。
本制度では、大規模の企業等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。

※転載 経産省HP
URL:https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

「様々なインセンティブ」

健康経営優良法人や健康経営に取り組む企業向けに、自治体や金融機関等において、様々なインセンティブがあります。
国によるインセンティブ

法務省:出入国在留管理庁

在留資格審査手続きの簡素化
我が国に入国を希望する外国人の在留資格審査において、在留資格に係る申請の提出資料の「カテゴリー1一定の条件を満たす企業等」として健康経営優良法人の認定取得が認められ、手続きの簡素化が可能となった。(令和2年1月)

厚生労働省:公共職業安定所

ハローワークの求人票
健康経営優良法人認定の取得をハローワークの求人票に記入可能

自治体によるインセンティブ措置

金利優遇

認定表彰制度への優遇

補助金優遇

公共調達加点

地方銀行、信用保証協会、保険会社によるインセンティブ措置

金利・保証料の優遇

保険料の割引

従業員や求職者、関係企業や金融機関などから社会的な評価を受けられ、健康経営優良法人ロゴマークの使用が可能となります。

※詳しくは経済産業省の「健康経営優良法人認定制度」サイトをご覧ください。
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

本サービスについて

wellness support toolsの活用により健康経営優良法人の認定取得をサポートします

アドバンスブレインの法人企業サポート

健康経営 みんなの健康

みんなの健康は、健康経営アドバイザーの資格を持った社員が、wellness support tools を活用し、健康経営優良法人の申請に向けてサポートいたします。

健康経営イメージ画像3

「wellness support tools」が、「健康経営」をサポートします
Support1
健康経営アドバイザーのサポート

対面/オンラインを通じ、健康経営アドバイザーへご相談いただくことが可能です。

健康経営アドバイザーとは
健康経営アドバイザーとは、健康経営に取組もうとする企業に対して、活動を推進するために必要な情報や実施支援を行う専門家のことです。
アドバンスブレイン社員の健康経営アドバイザーが、健康経営に取り組む上での課題を抽出・整理した上で、その課題解決に必要な取り組みを提案するとともに、その実践を具体的にサポートいたします。
健康経営の実践を健康経営アドバイザーがサポート
Support2
健診支援システム「wellness support tools」のサポート

健診支援システム「wellness support tools」を活用した健康経営の推進をご提案します。

wellness 予約・受付
wellness 予約・受付wellness 予約・受付

〜健診やイベント予約・QRコード受付・リマインドメール〜
非対面/非接触/混雑回避を実現、予約・受付状況の把握に合わせた、リマインドメールによる勧奨も可能
wellness 問診・調査票
wellness 問診・調査票wellness 問診・調査票

〜問診やアンケート・リマインドメール〜
自由な設問の設定で情報収集の効率が向上、回答状況の把握に合わせ、リマインドメールによる勧奨も可能
wellness ストレスチェック
wellness ストレスチェックwellness ストレスチェック

〜集団分析・個人結果照会・セルフチェック〜
ストレスチェックの告知・案内から、勧奨・集団分析のすべての業務をサポート
wellness けんこうノート
wellness けんこうノートwellness けんこうノート

〜検温や体調管理・行動記録〜
体調の把握、行動履歴の把握が容易に可能

「健康経営優良法人」認定取得をめざせます。
まずはご相談ください!

貴社の健康経営の状況や目標設定に対し、
さまざまな解決方法でサポートいたします。
ぜひ一度お問い合わせください。

認定取得にむけて

見出しに合わせて修正要

健康経営イメージ画像4

健康経営を実現するためのステップ

STEP1
健康経営宣言
健康経営を行うことを社内外に発信

なぜ健康経営に取り組むのか、会社や従業員をどのようにしたいのか、企業トップが健康経営の重要さを理解し経営理念の中に明文化したうえで「健康経営宣言」を社内外に発信します。
特に従業員に対しては、経営者自ら語る機会を設けて従業員に対する意識付けを行うことが大事です。

社内に専任部署や担当者を配置

健康経営を推進するためには、体制づくりが必要です。経営者からのトップダウンではなく、健康管理を行うための組織・方針に応じて専門部署を作り全社的に取組・行動します。担当者に健康管理について知識がない場合、健康管理研修を設けるなども必要となり、産業医にも参画いただき、ボトムアップ型で推進する形が良いでしょう。

STEP2
組織作り
STEP3
自社の健康課題
の把握
ストレスチェック・健康診断の受診率・結果確認等

自社にどんな健康リスクがあるのかを把握し健康課題・問題点を発見しましょう。
平均年齢が高い、ストレスチェック・健康診断の受診率が100%でない、過重労働対策を打っていないなど様々な課題があるはずです。それらを経営者と共に洗い出し、部署や職階によって必要な課題が異なることもあるので改善点を探しましょう。

健康管理計画を立て告知・実行

明らかになった取り組むべき課題に、アイディアを出し合い解決方法を計画します。
健康スコアリングレポート(注1)が届いていればそれを参考にしたり、従業員への健康アンケートや課題を収集するのも良いでしょう。
また、健康経営においては、新しい考え方や様々なヘルスケアサービスが生まれていますので、メンバーはセミナーや展示会など積極的に参加し情報収集を行うなど、必要な改善内容に合わせてどのような成果を目指すのか目標を設定した上で施策を検討・実施します。

(注1)健康スコアリングレポート:各健保組合の加入者の健康状態や医療費、予防・健康づくりへの取組状況等について、全健保組合平均や業態平均と比較したデータを見える化したものです。

STEP4
計画策定・
健康推進活動
の実施
日本健康会議認定事務局へ申請

自社の取組状況を確認し、中小規模法人部門の認定基準に該当する具体的な取組を申請書に記載し申請します。

健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)認定基準

出典:経済産業省
健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)認定基準

wellness 予約・受付 wellness 予約・受付 wellness 問診・調査票 wellness 問診・調査票 wellness ストレスチェック wellness ストレスチェック wellness けんこうノート wellness けんこうノート

健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)認定基準